最近の妊活では、女性が積極的で、男性がどうも仕事疲れでなかなか応じないなんていうパターンが増えているようですね。

最近の男性は草食男子なんて言われ、女性の方が肉食と言われていますが、やはり妊娠についても、女性の方が主導権を握りたがる人が多いそうです。

特に夫婦で意見が分かれてしまうと難しいのが既に子供がいる場合。

初めての子供の場合は、夫婦揃って頑張るようですが、これが既に子供がいるとなると、男性の方が消極的になってしまうケースをよく聞きます。

こうなってしまうと、女性がどれだけ子供が欲しいかが重要になってきます。

私の知り合いでも、二人目がどうしても欲しいけど、旦那さんが「一人でいいよ」と、仕事の忙しさもあって、なかなかその気になってくれないという悩みを抱えています。

男性はもともと、「子作り」のための義務的な性交渉にうんざりしてしまう人もいるため、女性の意欲が高まるほど、反比例して男性の意欲が低くなる悩みもありますね。

妊娠希望の人にとって、まず最初に改善しないといけないのが生理不順の問題です。

生理不順になってしまうと、やはり排卵が行われていない可能性も出てきます。

生理には無配卵のケースもあるので、あんまりにも生理不順がひどい人は、一度婦人科で本当に排卵が起きているのか、チェックをするのも重要だと思います。

排卵がない場合は、妊娠をしようと思っても、妊娠が出来ません。

生理不順でも、排卵がある場合は、妊娠の可能性がありますが、排卵がない時は治療をしていく必要があります。

まずは自分の生理不順を改善し、排卵があるかどうかのチェックをすることから始めてみましょう。

婦人科ではそうした排卵のチェックをしてくれるので、悩みがある人は早めに診察をしてもらうのがおススメです。

生理不順は厳しい食事制限のダイエットが原因で起きたりしますので、ダイエットのし過ぎには注意をしましょう。

ビエナゼリーは栄養機能食品で、無理なくダイエットが出来るのでお勧めです。

生理不順を起こすほどの無理なダイエットだけは止めましょう。